トップページ >各種検査のご紹介 

検査設備  

エコー検査1

●レントゲン撮影
●胃内視鏡 経鼻内視鏡導入しています
●超音波検査 (腹部 心臓 頸動脈 乳腺 甲状腺 等)
●呼吸機能検査
●24時間ホルター心電図
●血圧脈波検査(ABI CAVI)
●骨密度検査



内視鏡検査

食道、胃、十二指腸に潰瘍、炎症、ポリープ、癌などないか、口または鼻からカメラを入れて診断します。



超音波検査

DSC01162

超音波検査とは耳に聞こえるより高い周波数の音を用いて体の中を調べる検査です。

無害なのでお腹の赤ちゃんをみるのにも使われます。
皮膚にゼリーをぬり探触子をあてるだけで痛くはありません。

【何がわかるの?】
・腹部エコー:肝臓 胆嚢 腎臓 膀胱 前立腺 子宮 卵巣 などが対象です。 なかでも胆石や腫瘍の発見に有用です。
・心臓エコー:心臓を写し形や動き血行状態がわかります。弁膜症 心臓の動き 先天性の心疾患などの観察に威力を発揮します。
・頸部血管エコー:頚動脈は動脈硬化の好発部位であることから、全身の動脈硬化や脳血管疾患の評価に用いられます。



呼吸機能検査

スパイロ

息を吸ったり吐いたりすることで肺活量、一秒間に吐き出せる量を測定し肺の機能を調べます。

最近増加している、たばこ病(COPD)の発見に不可欠な検査です。



血圧脈波検査(ABI CAVI 検査)

脈波

血管年齢(動脈硬化の度合い)と足の動脈の詰まりがあるか分かります。

両手両足に血圧計を巻き 心電計 心音計をとりつけ4分間寝ているだけの検査です。



pagetop